○○をケアしないと、見た目年齢は下がらない。

 

仕事や家事など慌ただしい生活を送る中で、ふと鏡を見た時、「なんだか老けたな~」と思う瞬間がある人、多いのではないでしょうか?髪の毛やお肌の手入れにも、ある程度お金をかけているのに、いまいち見た目年齢に反映されてない気がする・・・なぜ?今回はその原因となる“ある部分”のアンチエイジングの重要性と、効果的なケア方法をお伝えしたいと思います。

 

 

ズバリ、アンチエイジングのカギは『唇』!

アンチエイジングのお手入れの中で、あまりその重要性が認識されていないのが『唇』です。唇はリップクリームなどで手軽にケア出来るため、なんとなくおろそかにしてしまいがちですよね。でもそういったお手入れで保てるのは20代まで。30歳を過ぎてからは、唇も本格的にアンチエイジングしていかなければなりません。

唇の老けは、思っているよりも見た目に大きく影響する

縦ジワが多く入り、カサついた唇は、それだけで「疲れ」や「老け」を自分や周囲に意識させてしまいます。

逆に、肌や髪のお手入れが多少雑になっても、唇が若々しく潤っているだけで、なんだかエネルギッシュで色っぽい、魅力的な女性に見えたりもします。

唇が見た目年齢のカギである理由

唇には、他の顔のパーツにはない特徴が一つあります。唇は皮膚ではなく、目や口の中と同じ、粘膜ということをご存じでしょうか。はぐきとの明確な境目がありませんよね。唇は言わば、相手に見える、お肉の断面みたいなものなのです。ここで、下の画像を見ていただけますでしょうか。どちらのお肉が新鮮に見えるでしょうか。

茶色い方のお肉は、食べたらちょっとお腹壊しそうですよね。「皮(皮膚)」と比べて「肉」は乾燥していたり、色が悪かったりすると、強烈な劣化を感じさせます。繰り返しになりますが、唇は相手から見えるお肉の断面です。そのため、唇の乾燥、色沈み、スジ感は、相手に無意識的に肉体の老いを感じさせてしまいます。それでは次に、唇の老けがどうして起きるのか、その理由と解消法をお伝えいたします。

唇のボリュームのピークは30歳まで

30歳を超えると、唇のボリュームは失われていきます。上でも述べたとおり、唇は粘膜ですが、衰える仕組みはお肌と変わりません。年齢を重ねるにつれてコラーゲン量が減少することで、ハリと水々しさがなくなり、痩せてしぼんでいきます。また、口周りの筋肉を通して頬や目元と繋がっているため、唇のハリがなくなると、顔全体をたるませ、老けた印象を与えます。

どうすればいいの?

老化が顕著に現れ始めた唇は、リップクリームやグロスだけではカバーしきれません。(そもそも一般的なリップクリームは乾燥を予防するために使うもの。老化には効果がさほどありません。)日々のマッサージも効果的ですが、そんな時間も余裕もないのが本音なところ・・・。そこで、唇にうるおいを与え、キメを整えて滑らかに仕上げてくれる、唇専用の美容液で手軽にしっかりケアしちゃいましょう!

“女子”には早い。“オトナの女”のための本物の唇用美容液

見た目年齢対策なら、アンチエイジング用に作られた唇専用美容液『ヒミツ シークレットリッププランパー』がイチオシです。

唇をしっかり、手軽にケアできるので、今一番オススメできる神アイテムです。楽天市場でもランキング1位を6つも獲っています。

ヒミツ その①:配合成分

ヒミツが支持されている理由は、まずアンチエイジングに徹底的にこだわっている姿勢です。保湿成分として有名なヒアルロン酸Naをはじめ、唇のアンチエイジングのことを考えた成分がなんとこんなに配合されています。

●天然由来成分
・シア脂
・ヤグルマギク花エキス
・ホホバ種子油
・フユボタイジュ花エキス
・セイヨウオトギリソウ花葉茎エキス
・トウガラシエキス
・ピーナッツ油
・トウキンセンカ花エキス
・ヒマシ油
・セイヨウハッカ
・カミツレ花エキス
・ローマカミツレ花エキス
・スクワラン

●ハリを与える成分として
・ヒアルロン酸Na
・サクシノイルアテロコラーゲン
・セラミド1
・セラミド3
・セラミド6Ⅱ

●弾力を与える成分として
・ヘキサペプチド‐48HCl
・トリフルオロアセチルトリペプチド‐2
・ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド
・パルミトイルトリペプチド‐5

これらの成分が、ハリのない、輪郭がぼやけた唇を健康的な唇へと導いてくれるんですね!

ヒミツ その②:日本人に合わせたカラーバリエーション


ヒミツの色展開は、5色です。一般的なリップより少ないですが、シーン別に作ってくれているので、逆に使いやすかったりします。(全色揃えるのもそこまで大変ではないので、私は全色買って、TPOに合わせて使い分けています。)日本製で、日本人向けに作られているので、さすがどれも馴染みやすい、絶妙な色合いをしています。(そもそも美容ケアなので、「もうちょっとラメの量が・・」などと悠長なことは言ってられない。。)

それでは、それぞれの色について見ていきましょう。

YURI(百合)
クリア色。寝る前のナイトケア、自分の好きな口紅やグロスの下地など、幅広く大活躍します!

BOTAN(牡丹)
ラメ入りの赤。つけてみると思ったほど濃い赤色ではなく、透明度が高い色味なので使いやすいです。パーティや友人の結婚式などの華やかな服を着るときに服に負けない華やかさを演出してくれます。

SAKURA(桜)
普段使いに◎なピンク。1番人気らしいのですが、それもうなずけます。通勤やお出かけの気分を盛り上げてくれます♪

MOMO(桃)
落ち着いたコーラルピンク。ラメが入っていて、可愛らしくもあり、大人っぽくもあり、まさに大人女子という感じ。合コンやデートに。

HIMAWARI(向日葵)
落ち着いた、大人の女性を演出してくれるベージュ色。微細なパールが入っているので、ムラになりにくいです。思ったよりも使いやすく、上品な印象を与えたい時や、くちびるをふっくらさせたいけど、派手さをおさえたいときにぴったりです!

あなたの気になる色はありましたか?

ここからは、実際に私が使ってみた写真と感想です。

実際に使ってみました。